上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶちぎれリーリエ
ぶちぎれリーリエ。さらっとフォルムチェンジ()ネタバレだけど発売から一ヶ月過ぎてるし、いいよね。
ごめんリーリエ、多分また数日そっちほったらかしにするわ。うん、その、参加したい企画があるんで。
あ、四騎士絡みはヴェランとグラパシに堕ちました(いらん報告)

いやまぁその、上記の理由以外にもほったらかしてた理由色々あるんですけどね、なんというか、その、ごにょごにょ…
おのれぬきたまさふみ
ちなみに私はリーリエ自身はそんな嫌いでもないです。念のため。全部シナリオのさじ加減が悪いんや…
素材も良いしそれ以外のシナリオやシステムは概ね満足なだけに、彼女の評価を落とすようなシナリオの塩梅が実にもったいない。

あと上記にもあるとおりPC復帰しました。やったぜ。丁寧かつ迅速に対応して下さった修理業者さんありがとう。

追記にプレイ記。(海の民の村出発~ウルトラスペース到着まで)



本当だったらこのあたりの一連の流れで「リーリエ…成長したなぁ…」とホロリと来るはずなんだろうけど…うん…色々あって素直に感動できなかった…実にもったいない、何がもったいないってリーリエに対する評価が分かれるようなシナリオの塩梅がだね(もういいわ)
好意的に解釈するのであれば、彼女はずっと母親の元で抑制されて育ってきたわけだから、覚悟を決めたはいいけどまだ完全に脱皮しきれているわけではない、と仮定してもおかしくはないと思う。そんな一夕一朝で人って変われるものでもないし、ようやく脱皮、羽化への準備が整った段階にすぎないゆえの未だ守られキャラ脱却ならずという解釈も…いささか強引だろうか?ゲーム的には覚悟を決めた時点で文字通り一緒に戦ってくれるようになった方が盛り上がるんだけどね。御三家も一匹残ってるし。

ポニの古道のほうには殿堂入り後じゃないと入れない道が。うーん気になる。

しまクイーン、ハプウ戦。彼女がしまクイーンと聞いて(実はちょっとネタバレ踏んだ)、絶対使ってくるであろうバンバドロへの対策を考えてました。
なにせうちの旅パのエース、奴の強さは身にしみて分かっている。加えてこちらから弱点属性つけるのは、片や物理一辺倒の蘭花(ラランテス♂)、片やこちらからも抜群取れるけど相手からも抜群をもらうロクデナシ(ドヒドイデ♀)。
後者は言うまでも無く、前者は特性『じきゅうりょく』だとしたら物理一辺倒な彼は不利。
…考えた末に決まった戦略は、『落とされるの覚悟で先発にロクデナシを出し、どくどくを仕掛ける』という乾坤一擲なもの。

いざ挑んでみたら、思いの他相手のタイプが多彩かつレベルも拮抗してるとあって、ほぼ総力戦とあいなりました。凄く楽しい!
はがね複合のアローラダグトリオにはタカダテ(バンバドロ♂)を、トリトドンには蘭花を、フライゴンにはシロップ(アブリボン♂)を。アカトラ(ガオガエン♂)とダイナモ(デンヂムシ♂)以外のみんなに活躍の場が出来て、プレイヤーのテンションが上がる。
そして本番、切り札のバンバドロ戦、予定通りにドクZを持たせたロクデナシを先発に。どくどくZで防御を上げつつ相手のZワザを気合で耐えてくれる。その後なんでもなおしを使われたので、ここで耐えてくれたのは嬉しい限り。その後は毒を捲いて耐えて回復して粘るだけの簡単なお仕事。というか防御一段階うpとはいえ、自分よりレベル上のバンバドロの地震に耐えられるとは正直思っていなかった。
いやしかし拮抗した状態での総力戦は実に楽しいものでした。うん。

ちなみにこのハプウ戦で、学習装置の効果によりダイナモが無事にクワガノンに進化。…彼はこの戦いでは何もしてなかったので(タイプ相性の都合で実質戦力外)、本人的には少し複雑なのでは…w

マツリカからタダでフェアリーZを貰い受けたけど複雑。おい、試練しろよ。

渓谷の最奥部、キャプテンがいない状態での試練。おそらく最後の試練だし多分盛り上がるところだろうに、シロップによるワンパンKOであっけなく終わって拍子抜け。流石4倍弱点…

とりあえずルナアーラを目覚めさせてウルトラスペースに来たところで今日はココまで。あちこちをたくさんふよふよしてるじぇるるっぷちゃんが気になる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。